お知らせ

>>お知らせ

総説の紹介

胸部大動脈瘤のレビュー論文が、9月22日のJournal of Atherosclerosis and Thrombosis でオンライン公開になりました。

リンクはこちら:
Y. Yamashiro and H. Yanagisawa: Crossing Bridges between Extra- and Intra-Cellular Events in Thoracic Aortic Aneurysms, J. Atheroscler. Thromb. (2017)

2017/09/22|お知らせ|

活動報告(柳沢教授)

柳沢が5月5日に行われたアメリカ心臓協会の Arteriosclerosis, Thrombosis and Vascular Biology (ATVB) カウンシルミーティングで、国際フェローに選出されました。

2017年度 ATVB/PVD 学術大会 (5/4〜6)の写真をフォトギャラリーに掲載しました。

2017/09/22|お知らせ, 更新履歴|

HBP説明会開催のお知らせ

2018年1月期入試に向け、ヒューマンバイオロジー学位プログラム(HBP)説明会が開催されます。

【日時】10月20日(金) 17:00~18:00
【会 場】筑波大学 健康医科学イノベーション棟1階105 [地図]
…[続きを読む]

2017/09/21|お知らせ|

活動報告(佐田助教)

佐田助教が、9/17〜18に行われた第10回Symphony研究会にて招待講演を行いました。

2017/09/20|お知らせ|

総説(佐田助教著)の紹介

佐田助教が執筆しました日本語の総説を紹介いたします。

  1. 佐田 亜衣子:皮膚を作る幹細胞の同定・可視化技術, Cosmetic Stage, 11(5): 11-20, 2017 [Cosmetic Stage 目次]
  2. 佐田 亜衣子, Tudorita Tumbar:マウス表皮には分裂頻度の異なる2種類の幹細胞が共存する, 実験医学, 34(14): 2700-2703, 2016 [実験医学 目次]
  3. 佐田 亜衣子, Tudorita Tumbar:マウス表皮においては性質の異なる2種類の幹細胞が共存する, ライフサイエンス新着論文レビュー, 2016 [本文]
2017/09/13|お知らせ|

夏の活動報告(佐田助教)

佐田助教は今夏、下記の活動をしました。

  • 5/26-27 東京大学で行われた第15回幹細胞シンポジウムにて招待講演を行いました。また第6回幹細胞若手の会(つくしの会)で口頭発表を行いました。
  • 6/7-9 和歌山で行われた新学術領域研究の3領域合同若手勉強会に参加し、ベストプレゼン賞を受賞しました。
2017/09/13|お知らせ|

夏の活動報告(山城助教)

山城助教は今夏、下記の活動をしました。フォトギャラリーに写真も掲載しています。

  • 7/30〜8/4 Gordon Research Conference, Elastin, Elastic fibers and Microfibrils (Biddeford, ME, USA)において口頭発表を行いました。
  • 9/1〜2 Molecular Cardiovascular Metabolic Conference II (神戸)にてポスター発表を行いました。
  • 9/1 国立循環器病研究センターにてセミナーを行いました。
    (模様は、国立循環器病研究センター研究所分子生理部のFacebookページに掲載されています。)
  • 武田科学振興財団 医学系研究奨励(基礎)助成に採択されました。
2017/09/13|お知らせ, 更新履歴|

メンバーのお知らせ

木村助教が9月1日付で理化学研究所多細胞システム形成研究センター(CDB)にチームリーダーとして転出しました。
これからも頑張ってください。 …[続きを読む]

2017/09/01|お知らせ|

メンバーのお知らせ

サマーインターンのRachel とCaroline が研修を終えてそれぞれの国に戻りました。Caroline は10月にリサーチインターンとして再来日予定です。二人ともこれからも頑張ってください。

2017/08/24|お知らせ|

TARAセミナーのお知らせ

8月10日(木)の16時より、TARAセミナーが開催されます。皆様お誘いあわせの上、是非ご参加ください。

日時:平成29年8月10日(木)16時00分~17時00分
会場:TARAセンターA棟2階セミナールーム[地図]
講師:峰尾 千恵子 准教授
  (テキサス大学サウスウエスタン医学センター小児科学)
演題:Role of Endothelial FcγRIIB and Hyposialylated IgG in Obesity-induced Insulin Resistance …[続きを読む]

2017/08/01|お知らせ|